アトリエまあんのサイエンスアートな日々

アトリエまあんの活動紹介や、日々の出来事を綴ります

場の持つ力

今日は、本町田遺跡公園で「弥生ヶ丘 de まちだのへそまつり」というイベントがありました。お天気でよかった~! 子どもたちが紙トンボを飛ばしながら、走り回ってました。高台で見晴らしがよいのですよね。風も気持ちよかった~。町田高校 和太鼓部の演奏がとてもよかったです。この高台には縄文と弥生時代の竪穴式住居が再現されそれぞれ建っているのですが、この空間に和太鼓の響きって、めっちゃ合いますね。高校生のパワーあるリズムの連続や身体の動きについ見惚れてしまいました。縄文時代からつながる鼓動が、この瞬間シンクロしていたのでしょうか…。そんなことも想像してしまう印象に残る光景でした。写真は撮れなかったけれど。

こちらは今日の午前に歩いていた黒川の里山。ここも素敵なところです。

f:id:atelier-maan:20190512120933j:plain

その場所、その土地が持っている力って何だろうなあとちょうど考えていました。そういう何かを感じさせる土地ってあるなあと。その見えない力は太古の昔から代々受け継がれているのですよね。それはこれからも、ずっとこれから先のためにも大事に守っていきたいなと思うのです

f:id:atelier-maan:20190512121407j:plain