アトリエまあんのサイエンスアートな日々

アトリエまあんの活動紹介や、日々の出来事を綴ります

蔵と現代美術展

 今月はイベントお知らせが沢山ありますよ~!

「第6回・蔵と現代美術展 2019-響き合う空間-」

 小江戸川越市歴史ある建造物、趣ある街並みの中に、多くの現代美術の作品がコラボレーションします!川越の姉妹都市ドイツ・オッペンバッハ市の協力によりドイツ作家の作品も。前回に引き続き、時の鐘・奥広場に、加藤治男の作品が展示されています。ぜひ見にいらしてください。

会期:11月3日(日)~24日(日)

f:id:atelier-maan:20191012112726j:plain

会期中、イベントなどもあります。詳細は下記webをご参考ください。

www.kura-art-kawagoe.com展覧会の様子をごく一部ですがご紹介します。

 町中あちこちに趣きのある蔵があり旧所、名所もたくさん。着物を着た観光客の方が多く見られます。そうした中、見上げる高さの時計塔は町のシンボル的存在です。

f:id:atelier-maan:20191115151731j:plain

#L. 時の鐘・奥広場 加藤治男

f:id:atelier-maan:20191115150227j:plain 枝人間、現る!

f:id:atelier-maan:20191115145837j:plain 枝人間は2人

f:id:atelier-maan:20191115150018j:plain ぐるぐる歩く

#N. 旧山崎家別邸(重要文化財) 室内に数人の方の作品が展示されています。温かな日差しが入っています。庭園に白く浮遊して見えるのは田村優幸氏のインスタレーション

f:id:atelier-maan:20191115141137j:plain

 屋内は広い居間や客間の他、細かく部屋が入り組んでおり、入っていくと、なんだか少し不思議な気持ちになります。うまく撮れてませんが、この廊下を歩くスペースが面白かった。右の部屋はタイル張りの浴室で作品があります。その奥はトイレ。左の小部屋は女中さんたちのお部屋だったそうです。当時の女の子たちを想像しながら描かれたというキュートな平面作品が展示されています。

f:id:atelier-maan:20191115140713j:plain

庭には大きな生け花作品も

f:id:atelier-maan:20191115142228j:plain 大重由虹

 今回、歩きながら思ったのは、古い名所にピッタリな作品もいいのですが、全然想像もつかない作家独自の、ある意味不似合いな作品が展示してあると、そこの場が断然面白くなるということです。自分だけの視点から開放され、どこか異空間に連れて行かれるような心地よさ。期間限定だからこそ、ですね

#Q.風凛 寿司会席奥庭 麻生志保

f:id:atelier-maan:20191115143818j:plain 鯉が宙を鮮やかに

#J. 本丸御殿(埼玉県指定有形文化財) 遠藤研二

f:id:atelier-maan:20191115161553j:plain

#札の辻・交差点広場 瀬島匠

f:id:atelier-maan:20191115164952j:plain 交差点にプロペラ!

車の両脇に作品をワイルドに立てかけてますf:id:atelier-maan:20191115165100j:plain

#A. 小川長倉庫A Aleksander Radan

 天井の高い古い倉庫内のインスタレーションひんやりと薄暗く。映像と共に女性ヴォーカルの調べ。歩き疲れた身体に心地よくて長居をしてしまいました。

f:id:atelier-maan:20191115165537j:plain

#C. 恵比寿屋 2階 Felicitas von Lutzau

 実際にもこのように見えます。雲形のミラーの上を透明樹脂に写した女性が…。余韻の残る作品。答えの出ないことをいろいろ想像してしまいます。

f:id:atelier-maan:20191115172010j:plain ここは普段は宿泊もできます

#D. 観音寺境内 たかはし藤水

f:id:atelier-maan:20191115172853j:plain 旧所には共に大きな木がありますね

夕方5時過ぎの新河岸川。日暮れが早くなりました…

f:id:atelier-maan:20191115173353j:plain

 室内展示は17時までのところが多いです(早いところは15時。休館日もありますので事前にご確認を)。見どころ沢山ですよ~。美術展は24日(日)まで。最終日は16時までだそうです。

 お待ちしていまーす♪