アトリエまあんのサイエンスアートな日々

アトリエまあんの活動紹介や、日々の出来事を綴ります

トンボの棲み家

昔から、なぜかビオトープのある日に大雨のこと多いんです。今朝も雨が強く雷も鳴っていて…。どうなることかと思ってましたが、晴天になりましたね!よかった~!

校門近くの手づくり田んぼに稲穂がたくさん生ってましたよ~♪ 

f:id:atelier-maan:20191004105933j:plain

今日はご近所の小学校にて2年生の子どもたちとトンボが産卵しやすいように、ススキなどで浮島をつくりプールに浮かべました。

浮島の作り方は、ススキを数本の束にして麻ひもで縛り、筏にどんどん結わえつけていきます。最後にまとめるとススキの束が帆になります。「わ~ヤゴたちの家だ!」「トンネルみたい!」子どもたちから歓声が☆彡

f:id:atelier-maan:20191004120126j:plain

この活動はいつから始まっているのですかと質問されました。一番初めは2004年の9月で学校ビオトープを考える会のボランティア活動が始まったばかりの頃だったんですね。会の活動として参加者を募り、少人数で始めました。学校の授業として始まったのは2007年頃~。もう12年も経つんだなあ…

f:id:atelier-maan:20191004120147j:plain

また来年~。「バイバーイ」と子どもたち。3年生になったらね。ヤゴや小さな生きものたちとたくさん会えるといいな