読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトリエまあんのサイエンスアートな日々

アトリエまあんの活動紹介や、日々の出来事を綴ります

ダンボール自由造形

アトリエで 小学生クラス ダンボール造形

子どもがひとり入れるくらいの大きさのダンボールを用意しました。

「今日はなあに~?」どやどやと子どもたち入ってきました。

ダンボール~」

「だ・か・ら、ダンボールで何するの?」

「なんでもいいよ~」

「え? なんでもいいの??」

「なんでもいいよ~」

みんな好きなダンボールを選び、嬉しそうに中に入りました。まるでひとり用のお風呂に入っているみたいです。居心地がよいようで、しばらく誰も出ません(笑)。あ、あら?今日はこれで満足? いい…のかな??と思うほどでしたが、何つくろうか考えていたみたいです。ぽつりぽつりと制作が始まりました。

f:id:atelier-maan:20150304164249j:plain 多機能型勉強机。筆立てや宝物入れがついています。これで宿題もできると言ってましたが…本当でしょうか(笑。すごーい。

f:id:atelier-maan:20150304165205j:plain そして、なんと乗り物にもなります。アトリエ中乗り回して運転していました。今日はこれで家まで帰りたいなあ、とポツリ。確かに。そうだったらステキ。

f:id:atelier-maan:20150304164254j:plain 飛行機型乗り物。飛べるかな~

f:id:atelier-maan:20150304164429j:plain こちらは電車ごっこの計画ですね。停車駅の看板をつくっています。「三重方面の駅」という駅名のようです。「『みえほうめん』のあっち側にある駅って何県?」という難問を出されました。う、何と答えればいいのだろう(汗。「和歌山県かな~」と答えましたが、納得がいかなかったようです。なんか違うと。しばらく考えた後、「ぎふって、あっち?」と聞かれたので「そう…かもしれない」と答えました。その結果、あっちの駅は「ぎふ」になりました。続けて、「こっちって、あいち?」との質問が。えっ? こっちって、一体どっちだ??と思いましたが、なんとなくそのまま平和に「あいち」駅にうまく納まりました。その後、一緒につくっていたお友だちと電車を連結させて楽しそうに走らせていました。お友だちがつくっていた駅は「越後湯沢方面」。なんと、本州横断の長ーい旅だったんですねえ~。