アトリエまあんのサイエンスアートな日々

アトリエまあんの活動紹介や、日々の出来事を綴ります

トケイソウの存在理由

f:id:atelier-maan:20130917114003j:plainf:id:atelier-maan:20130917114144j:plain

 垣根に時計草があります。

まあんにとって大切なお花のひとつです。

すべての植物は、ある決められた数字を持っているのだそうです。それは「2」だったり、「3」だったり、「5」だったりします。「2」をもつアジサイの葉は十字に葉が伸びます。「5」をもつバラの葉の出るところを点として順にたどり、上から見ると星形になります。横から見ると螺旋型に生えているのがわかります。つまり、星を描きながら螺旋に伸びているのです。バラは、はるか遠くにある宇宙をめざしているのでしょうか。そんな様子をみていると、植物は、自分の存在理由を本能的に理解しているのではないかと思え、人間の未熟さに気が遠くなります。

時計草は花の中に「1」と「3」と「5」と「10」を持っています。